【BLUE TEAR´S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書きのようなもの。

【過ぎ行く、夏。のこと】

7から9月が、なんだか気づいたらあっという間に過ぎ去ってしまって、はてわたしはなにをしてたっけ?と浦島太郎のような気分を味わっています。10月になってた。
ついこないだ暑かったりして、夏だなって思ってたら、雨続きで、今年夏っぽくないと思ってたりして、夏がいつの間にか終わり秋になってたよね。
生きてます。
結構久しぶりの投稿なのでは?ぶ誌の感想も書きたいのに、溜まりまくってます。来週あたりどどどっと書きたいです。宣言しておこう。来週書く!
なんやかんやで、仕事もバタバタして、プライベートもバタバタしてました。結構楽しんでたような気もします。
7・8・9月と3ヶ月連続で、黒田くんを観に行きました。これもまた、すごく久しぶりですよ。
66で買ったアルバムが、とても良かったのは、何個か前の記事で痛々しい程に語ってますが、それからまだまだ今年の黒田くんへのデレが止まりません。7月のサマクロみて、あーやっぱいいなあ楽しいなあとさらに、想いを募らせたわけで、初生熊くんもみれた上に、セットリストも良くて楽しかった。語彙を失います。
8月のバタケのゾクゾクスペシャルも素晴らしく、普段のゾクゾクコーナーの拡大版でした。ゾクゾクコーナー好きなんですよね。想とか、ソレサテとか、これまた良きセットリストありがたかった。
9月も空模様バタケということで、月星雨風空太陽などなど、黒田くんの歌詞は、とにかくお天気に関する歌詞が多いなと思ってましたけど、自分で予習用にリストした曲が大体入っていたので、満足です。
黒田くんも空模様バタケにノリノリだったようなので、これから定期的にやってくれるといい。
黒田くんのイメージする駅の描写が、学芸大学駅だと聞いて、俄然学芸大学に行きたくなったわけなんで、そのうちひっそり巡りたいと思ってます。
あと面白かった話題が、黒田くんが身体を鍛えるとファンに嫌がられるっていうお話。
某L●●グループを引き合いに出して、「ああいうひとたちをかっこいいと思う?」みたいに質問されたわけなのですが、あのね。みんなね、あなたが好きで、みにきてるの。そっちはね。門外漢だと思うよ、と思ってたら案の定みなさま首を横に振ってました。黒田くん、どちらかと言えば、ジャニーズ系で例えた方が合ってる。
そしたら、なにを思ったのか、黒田くん西川くんの話題を出してきた。
「西川くん、昔はほっそりしてかわいかったのに」と呟いてたのが、なんかもうね。いやいや、あなたなにを言ってるのと思ったわけで、あなたも十分ほっそりしてて、かわいかったよ。24歳黒田くんピチピチでかわいかったよ。
いまの45歳児黒田くんもかわいいよ。
(通常運転です)

にしたって、黒田くん。生熊くんと仲良しすぎで、ちょっと嫉妬しちゃうよ。いやうん、いいんだ。仲良くてもいいんだ。なんだろう。この気持ちは。とやっぱり痛々しくなりそうなので、この辺でやめておきましょう。

あとなにしてたかな。
あ、お友達の結婚式に出席しました。まー、あれよ。感動の嵐よ。
式場が、とてもレトロな感じで良くてね。思わずパチパチ。
f:id:bluetears0818:20171003122806j:plain

f:id:bluetears0818:20171003122922j:plain

f:id:bluetears0818:20171003123008j:plain

f:id:bluetears0818:20171003123041j:plain

あとで友人に聞いた話では、廃墟っぽい感じにきゅんときて、さらにイメージしたのは、ABCのイエスだそうで。え、マジで?そりゃあ、好みに合致するはずだと思ってました。
及ばずながら、受付もさせてもらって、慣れない作業に四苦八苦して、良い経験をさせて頂きました。
新郎の方とは、初対面だったんですが、とてもやさしそうな方だったので、友人よ、末永くお幸せに!
チャペルでは生演奏だったのが、とても良くて、こりゃあ感動するわ!となって、披露宴の余興で、マジックみせてもらって、座っていたところが絡みやすい席だったので、何度か絡まれた。いや良い経験をさせて頂きました。なにかね、粗を探そうとしたんだけど、わからなかったです。悔しい!

最後に、松本幸四郎さん主演のアマデウス観に行きました。
照史くんのモーツァルトすごくすごく良かったです。
ネタばらしになってしまうので、あれなんですが、とにかく照史くんが、憑依系の演技をされる方なんだなぁと感心しきりでございます。
面白いことやちょっと淫靡なセリフ、そこから幼児がえりの表現の振り幅がまーすごい。迫真の演技に魅了されてきました。
幸四郎さんは、舞台に出ずっぱりでの長台詞がすごくて、若者と老人の変化がすごくて、とにかく、目が離せなくて、瞬き忘れて見入ってました。
良い舞台をみれてよかった。今回ファンクラブも一般もダメで、しょんぼりしてたら、松竹の公式なら、まだチケットがあるというTwitterの情報を拝見して、確保することが出来たので、情報のアンテナを立てておくことって大事なんだなと思いました。もし担当のなにかしらがあったら、また使わせて貰おう。
WESTさんを好きだなと自覚症状出てからの初めての現場でした。ホントに良い舞台だったので、気持ちは、もう一回くらいみたいかもなんですが、どうなんだろう?チケットあるのかしら…………?

というわけで、ざっくり夏の出来事を纏めてみました。またなにか思い出したように書きにくるかもしれませんが、今日はここまで。