【BLUE TEAR´S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書きのようなもの。

【多元ロック論(SC)のこと。】

 4ヶ月ぶりの案山子さん、対バンは実に去年の10月ぶりの案山子さん。

なんだろう?あのキラキラ感は!日記でも明記したとおり、黒田ソロと案山子クオリティは全然違いますな!

はしゃいできましたよー。

出演バンド。

TAKUMA

リブライアン

SCARECROW

CANTA

の順番でした。

えーカンタさん、すいません。聴いてかなかったです。

TAKUMAさんはなんだかしらないが、曲を聴いたときに直くん(高橋直純)のトラブルメーカーという曲を思い出したんですよ。雰囲気とか歌い方がそこはかとなく似ていたかな。

歌はアコギスタイルで、ギター二本で、頑張ってた。嫌いじゃない。嫌いじゃないが、物足りない。

リブライアン。

TAKAさんえろすぎ!あの人なんであーいうときにするするとあーもなーな台詞を吐けるんだ?ヒロさんのでこに自分のでこぶつけてたよ?この確信犯めっ!

 

そして我らがSCARECROWの登場です!

セットリストは

SPEEDER

カプセルバニー

チャプターゼロ

ダンテ

HOT ROAD

ミザリー

 

いつものSEで、英樹さん、ばっしー、いとーさん、黒田くんの順で登場。

ばっしーが!ばっしーがパーカーのフード被ったままで準備。

衣装は…私に聞かないほうが身のためです。

黒田くんとばしは黒の服でした。ばしたん黒パーカーに白黒マフラー?これちょーかわいー。

待て、なんか黒田くんとばっしー似たような服装してたよね?萌える。

乗っけから飛ばしまくりのスピーダー。

黒田さんかなり煽りまくりです。

「俺たちがモンスターバンドすけあくろーだぁ!」でバニー。

三曲目のチャプターはばっしーが気になって気になって仕方なかったです。

髪がプリンちゃん状態で、上地にしかみえないんだよぉー。変換しちゃだめだってば。

いつものコーラスで、苦しんでませんでした。残念。

そして、ダンテでジャンプジャンプ。

今日は、ドラム叩きがなかったのね。英樹さんの側にいっていたのに。黒田さん物足りなさそうにみえました。

やればいいのに!

ダンテがフェードアウトしないで、ホットロードイントロ挿入。ぱらぱらと綺麗な音だよね。黒田さんの動きが半端なく凄かったです。

ホットロードで、ばしりんの絡みが!

「想いも膨らんでバースト」で黒田さんいつものように手をぐーからぱーにする仕草をやっていると、ばっしーが黒田の背後に立って頭のあたりで、黒田の真似をする。

背後に来たばっしーに多少驚きながら、笑いあうばしりんコンビ。

きゃーという悲鳴の中、黒田さんばっしーの頭を小突く。

 

…。

 

……。

 

………orz

 

悶え死ぬ。至近距離万歳。ありがとう。おまえら可愛いすぎだぞ。あんたたち、いつのまにそんな蜜月を過ごしてたんですか?刺激強すぎて、鼻血でそうです。

ホットロード後の合間に、黒田くん、お水飲んだり汗拭いたり。

そんな彼の側にばしたんが寄っていきます。

なんか言葉を交わしてたあとに聴こえてきたのが。

「あっつい」×2

 黒田くんとばっしーマイク入ってるよ!

 黒田くんが一言。

「今石橋くんが、『もう終わっちゃう!』って可愛いこといっていて。」

みんなの反応をみて、悔しいのか、

「可愛い感じですけど、実際は違いますから」と付けたし。

黒田さん、上から目線すぎです。

その発言にばっしーまたいってーみたいな表情で苦笑してました。

若干怒りぎみ?

 

「最後の曲です」にいつものブーイング。

満足げに歌うミザリーはおっとこ前すぎですよ。

またまたばっしー、黒田くんのもとへ寄り添うようにベースを弾く。

…やばいわぁ。

楽しかったよぉ。早くフルセットでみたいよう。

 

以上簡易レポでした。