【BLUE TEAR´S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書きのようなもの。

【黒田倫弘LIVE FANTOM 060609(黒田)のこと。】

 セットリストは、黒田メールを参照してください。

というわけで、66ライブレポを簡単ですが、いってみましょー。

 MCに関しては、こんな風に話していたよというニュアンスで読んでくだされ。

のっけから、やられた感たっぷり。

やってくれるぜ、黒田くんよ。選曲が神すぎる。

 

客電が徐々に落ち、G、コン、ばび、せい、やっさんの順に自分の持ちパートを弾いていきます。

そして、本日の主役の黒田くん登場。白いスーツです。

 

YOU

来た、来ちゃったよー。ブログでは、2ヶ月くらい前からずっとYOUが聴きたいと騒いでいたんですが、まさか聴けるとは思わなかった!(黒田くん、もう歌わない宣言してたしね)

それも一曲目から、来ちゃったよ。

イントロ部分の「YOU」と囁く声に、ビリビリきました。

後半で伸びやかな声を聞かせて、一呼吸タメを入れての(会場をきらきらした表情で、仰ぎみていたのが印象的)「僕は歌うんだ」には黒田くんの男気を感じてしまった。やっばい、この人今日本気だ!

一曲目からわくわくが止まらない。次はどんな曲が?

Bulldog66・エモーション・CLOVER・サマパニ

 

ブルか!なんかすごいな。絶妙なセットリスト。まだ二曲目だけど。

一気にどっかーんって花火みたい。

相変わらず楽しそうです。

エモーション、久しぶりすぎる。手の振りが懐かしすぎて、一瞬忘れそうになりました。黒田さん、きめきめ。

CLOVERの笑顔は絶品。

願いごとのお祈りポーズが可愛くてたまらん。

サマパニ聴くと、夏が来るんだなぁと実感する。

返事がこない~の辺りで葛Gと向かい合わせになり、葛G自ら自分の乳首を強調。黒田くんに押させます。照れくさそうに押した後、堂々と揉んでいたのは、楽しそうでした。

 

グッドラッグ摩天楼

この曲の前でジャケット脱ぎます。

グッドラッグ、エロくて、エロくて!目のやり場に困るよね。

イントロ部分で顔を手で隠す仕草がカッコいい。

曲のアレンジもフロンティアツアーでも思ったけどカッコいい。

だったらこの指に~のとこの二本の指をぺろっと舐める表情がたまらんっ!

バク転も決まってた。成り立てほやほや、37歳頑張るねー。

最後の方でベルトの辺りを掴んだ黒田をみて、脱ぎ始めるかと、一瞬どきーんっと焦った私は、きっとどうかしてたんです。螺が一本外れていたんでしょう。

ないわー、ストリップじゃあるまいし。ないわー。

この一曲だけでもDVDにする価値があると思います。

SOS

懐かしーとかいいたくなるけど、決してライブでやってないわけではないんだよね。

マイクスタンド振り回す黒田くんは素敵です。

 黒田くん、お着替えタイム。がばっと豪快に脱ぐ彼に、会場内「ふーっ!」の掛け声が鳴る。後ろ向きにおっきく○を出す黒田さん。嬉しいんでしょうか?

ごとんっ!と急に大きな音がっ!マイクスタンドが倒れた。

着替えが終わった黒田くんが、マイクスタンドをみながら、

「このマイクスタンドも長いこと使っているので、ぼろぼろですよ」

黒田「久しぶり。はじめましての人もいるのかな?いるよね?」

黒田くん手を振る。

黒田「はじめまして、黒田です。」

 黒田「皆さん、すいませんね。こんな日に集まってくれて。今日の天気も雨」

 黒田「今まで何曲歌った?あっ7曲だ。全部のアルバムのこの一曲ってやつを歌ったんですよ。」

 黒田「大人になって作ったエロファンクとかどうですか?指舐めるとか、歌ってないでやると恥ずかしいよね」

花も恥じらう37歳。

 黒田「白いスーツですね。新宿あたりではいっぱいいそうですけど。今日ね、誕生日なんですよ」

 そこら中よりおめでとうの声。

 黒田「37歳になりました。なんかね、あっという間だよね。フロンティアツアーもついこないだやったみたいな感じで。おかしいな、ちっちゃいときはもっと遅かった気がしたんだけど。…KAT-TUNにはもう入れないですかね?」

 黒田「今日はのんびり、のほほんとやりたいと思うので(ブーイング)ダメ?イヤだ?でもときめいてるでしょ?夢にときめけ、黒田にきらめけ」

急にいいはじめたので、意味がわからない。あとから聞いたとこによると、元ネタはROOKIESのようですね。

黒田「それでは次は、ぞくぞくコーナー第二弾!」

心鏡乱歌

個人的なことですが、いつもタイトルを度忘れします。漢字のタイトルって意外に抜ける。

ばびちゃんと葛Gは、持ってるギターではないので弾いてます。

 watercolors

黒田くんの声が甘く優しく、染み渡るように溶け込んできます。ビリビリ入りました。

元々のCD音源のときの声もいいけれど、今の黒田くんの歌声がより一層甘さを引き立たせてる!

照明の青い光がめちゃ綺麗で歌と合っていました。ぞくぞくするよー、余りの良さに鳥肌たった。

あなたの名前を~のとこでほろっときそうになったよ。

ONE END

ばびちゃんのジャーンに合わせて、マイクに凭れかかった黒田くんの呼吸音。

びりびり、ぞくぞくしますよ。

崩れ落ちてくの手を下ろすとこがやっぱ好きです。

ピクニックはぞくぞくコーナーではないよね?

笑顔でにこにこ歌ってた黒田さんが可愛いー。

自分のギターソロ前にばびちゃんとなにやら言葉を交わしてる。

「こっからが大変」と口が動いてるように見えました。確かに大変そうに弾いています。

黒田くん、一回捌けます。

出かけよう

葛Gの得意技が披露されました。ヘリコプターだそうです。口をぴろぴろさせて、音を出す。すごい!

黒田くん、おめしかえして登場。好みの服装であるが、なんと書いていいのやら。友人とウインドーショッピングをしていて判明。

あれは、お姉系だ。(黒田くんみたいな格好のマネキンがお姉系のお店いたの。)

 

ボルケーノ

ライブファントムには、ボルケーノがなきゃねー。一気にテンションが上がる会場。

ラブミーテンダーも好き。乗ってきました。

ラキスタ、ちょっと疲れてきたよ。黒田くん、会場にマイクを傾けて、でも余り声が聞こえなかったのか、聞こえねーよと煽ってました。

ナルシスト、そろそろ休憩お願いします。

指揮者な黒田さん、可愛いっす。

ナルシスト後、なにやら疲労感たっぷりに。

そしたらSWAYのイントロが…これのどこが、のほほんやねん!と誰もがそう思って「あー」という喚声が出る。

黒田「休みたかった?まだまだやるよ。動け、俺の体!」と気合いの入れ直し。黒田「飛ばしていけー」煽る煽る。

怒涛の後半戦へとへとです。楽しいけどね。

 

MC

黒田「黒田にときめいたでしょ?」

ま、まあね。あなたにときめかずして、誰にときめけと?

 黒田「SWAYGAMEで歓声の中にあーって聞こえてきて、皆休みたかった?俺もキツいんですよ」

笑いながらそんな呟き。 

黒田「次で最後の曲なんですけど…」

ブーイングに、めちゃいい笑顔の黒田さん。この人何気にSなのか?歌い出したのは、花。

鍵盤入るとこれまたいいっすねぇ。

 

UN

砂の城

わっ、なんだか懐かしい。元々の音源と然程変わらないアレンジ。

 MC

みんなで黒田さんのパピバをお祝い。歌でばびちゃんが「くろりん」で!と指定。張り切っていいますよー。

出てきたケーキの火を消して、ぺこぺことお辞儀する黒田さん。じゃあ、といいつつ、ケーキを一口食べる。 

黒田「この後歌うので、なかったら、顔からいったんですけどね」

やればいいじゃない。 

黒田「今年はないと言われてたんだけどね」

ばび「やらないわけにはいかないでしょう」

そりゃそうだ。

 黒田「うちの別嬪なマネージャーが…ここ笑っていいよ」いやいや、笑えないから!

黒田「いや、別嬪ですよ。(何度も強調)…黒田さん、今日ぱんぱんですよって。なんか緊張してきちゃって」

 メンバー紹介。

ばび「おめでとうございます。ようこそアラフォーへ!」

黒田「ありがとうございます。(中略)ROOKIESいいよね。見てないけど。ばびちゃん、好きなんでしょ?野球のルールもわからないのに」

ばび「うん、好き好き。セリーグパリーグの区別すらつかないんだけど。野球漫画は好きだね」

黒田「何がいいの?」

ばび「なにかな?泣けるんだよね」

黒田「最初は見てたんだけどね。もうROOKIESなは入れないかな。あれ、俺なにかに入りたいのかな?KAT-TUNダメでしょ?ROOKIESダメでしょ?あとはごくせん?…じゃあ、ヤンクミだ!『おまえら(真似)』ってなんか、スケバン刑事みたいだね。古い?すいません、古くて」 

次はせいちゃん。

せい「おめでとうございます。ようこそアラフォーへってもう俺去るけど。ってまだか?」

黒田「えっ、せいちゃんって初めて会ったとき、いくつだったの?」

せい「単純計算で10年前ですよ」

黒田「そうだけどさ」

せい「33?」

黒田「33かぁ」

G「俺が黒田に初めて会ったときも33だったんだよ」

黒田「怖かったときだぁー。俺、23とか22とか」

せい「あれですよ。僕、ずっとやりたいと思っていたんですよ、レコーディング」

黒田「ははは」

せい「なにその、流し方は!」

せいちゃん、本気で黒田くんとのレコーディングがやりたいらしい。 

次はやっさん。

立ち上がって深々と頭を下げる。腰低いなぁ。

黒田「やっさん、なんか楽しいんだよね。今日はわりと普通じゃない?」

せい「いや、今日もやっさん、面白いよ」

やっさん、なにいってたっけ?

 次はこんちゃん。

こん「おめでとうございます。」

黒田「ありがとうございます。こないだは、コーヒー奢って頂いてありがとうございました!」

ぺこぺことしている黒田さん。

こん「いやいや、お気になさらず」

ぺこぺことしているこんちゃん。

黒田「美味しかった。朝用って書いてあった。夕方だったけど」

こん「あれ、美味しかったでしょ?ほんのり甘くて」

黒田「うん、甘かった」

こん「で、ちょっと苦いの」

黒田「甘くて苦い。俺らみたいな関係だね」

こん「そうだね」

不思議な会話である。

 黒田「この中で、僕が一番下でしょ?あっちがうや、こんちゃんがいた。でも同い年だもんね」

 最後は葛G

G「お前らアラフォーアラフォーってな、俺なんか、アラフィフよ?黒田と同級っていってもおかしくないだろ?」ブーイング。

黒田「そういう帽子似合っていいよね。俺似合わないもん」

G「だろ?10年たってみんなばばあになるんだから、黒田、お前じじぃになってもライブやるんだろ?」

黒田「やりますよ」

G「ばばあになってもライブに来れるなんて幸せだぜ?」

黒田「葛Gが良いこと言って締めてくれたのでもう少し歌わせてちょーだい!」

誰かにとってとポエポエで終わり。

ポエポエだったかな。黒田くんが葛Gにけつアタックしてたのは。止まるとこを忘れてたみたいだね。

ライブ楽しかったなぁ。選曲もパフォーマンスもなにもかもが最高でした。神公演でしたよ。

 プチ打ち上げで、2つ前の日記で上げた、刑事ダンス(デカダンスと読む)ポスターを発見。まさか、それが次の日まで尾を引くとは思いもよらなかったのだった。

66ライブレポは以上でござい。次は、67ライブレポ。まだ、打ち込み白紙。