【BLUE TEAR´S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書きのようなもの。

【Chika-Zukit Gear(SC)のこと。】

 ウエルカムビデオの上映。 

黒田「CDTVをご覧のみなさん、こんにちは!」 

黒田さん、間違ってる!でも流れてこれが最初だったから、笑っちゃったよ。 

わいわい、四人でお話しでした。 

イベント1

アコースティックライブ 

セットリスト

千夜一夜

ラズベリースペシャ

チャプターゼロ

Hello 

コミュブレ~カプセルバニーメドレー 

コミュブレは、あんなに激しい曲なのに、ゆっくりめのテンポでした。ちょっと新鮮。バニーは、毎度話題にのぼるやたら遅いカプセルバニー。

サビから元の速さに戻ります。黒田くん、のりのりでロッケンロールみたいなことをやりたかったらしい。

英樹さんボーカル

汚れた掌・Slump 

汚れた掌は、とにかく笑った。英樹さんが、かっとかこっとか、歌ってないけどなんか伝わる感じ。気持ちだけ込めたんだって。

これ、こういうことやったら?と英樹さんが提案したけど、自分は数のうちに入っていなかったのに、黒田くんが無茶ぶりをしたがためにやるはめに。

英樹さんの歌いっぷりに黒田くん、「それは、誰の真似をしてるの?」

これ、あなたのボーカル曲ですよね? 

slumpを英樹さんが歌うものの、歌詞が曖昧すぎて、にゃにゃにゃーって歌い始めたら、黒田さんが止めに入りました。

面白いのに。 

伊藤さんボーカル(シオンという方の真似で)

SPEEDER・チャプターゼロ

シオンさんぐぐったよ。伊藤さんの真似似てる!

シオンさんの真似をしながら、声を潰して歌う伊藤さん、これ凄かった。黒田ボーカルとは違う味がたまんねー。

歌の最後にそーりーべぃべってつけるんだそうです。 

黒田「せっかくだからばっしーもなんかやる?俺が歌ってやるから、踊りなよ」

なんて上から!

と黒田「ばっしー、ばっしーばっしー」フィッツというガムの曲を歌い始める。

するとばっしーが踊り始めた!コンビネーションプレイだぜ!相談なしにこれだそうだ。

伊藤「でもばっしー、踊り古いよね」

ばし「俺、喜んでやりますよ」

くろりんに振られたから、やるんだよねー。 

HOT RORD

メンバーのソロコーナー入り。

会場にも足踏みと手拍子を振ります。

黒田「音ずれてるよ!」突っ込み入ります。 

ダンテ

黒田くんが笛とぶぼーって音が鳴るのを交互に吹いて、歌ってするんですが、最後の最後で追い付けなくなって、もう出来ないよという風に、投げてました。テンパってる黒田くんが可愛かった。

PLAY A TRICK

それでは最後の曲ですっと黒田くん。会場を煽るの好きね。

トリックのアレンジが凄く良かったです。もう一回聴きたいなぁ。 

アンコール

特に一端、捌けるわけではないので、黒田くんが自分でアンコールをコールします。ああ、もう。素敵。

ミザリー 

どこかのMCで、ばっしーのことになり、ライブで代打をやった二人が、ばっしーのことに触れるのを躊躇っていた話をしてました。下手にネタに出来ないよと嘆きのお言葉。

ライブのアンケートでもなぜ何も言わないんですか?と言えるわけないじゃんと突っ込み。

伊藤さんが、前日に詳しいことは明日のライブで話してくれると無茶ぶりをされた苦言を暴露。

メンバーで相談して、ばっしーに気をつかわせないように、連絡を控えていたらしい三人。

伊藤さんが、かなり寂しかったらしくて、黒田くんに何度も長電話をしていたらしい。

黒田「だからか、長電話結構したよね?そろそろ、切ろうかなと思うとでさ、くろりんって、あっまだ切りたくないんだ」

 

ダイ「黒田くんが、久しぶりに会ったら、だいさーんってぎゅーって抱きしめてくれて、きゅんってなりました」

伊藤「くろりんってそういうとこあるんだよね」

それをなぜ伊藤さんが言及するのかが、わからない。 

英樹「いい曲になりましたよ(Smileについて)」

伊藤「ダイちゃんが、英樹さんにいい曲作るねって褒めてましたよね。そうですよね?」

ダイ「今日ののっけにやった曲?」

伊藤「あっ、千一のこといってたんだ。」 

伊藤「英樹さんの作る曲のタイトルは全部Sだよね」

千一、slump、Smile確かにS。 

ライブが、去年より曲が多かったので嬉しかった。

満足なセットリストでしたよ。

対決その1

・ネプリーリーグの五文字当てパロ。ちなみにこれに参加してきました。答えがアンブレラのア。いえい。余裕なかった。 

会場から選ばれた四人とメンバー一名で5ボンバーです。黒田くんが当たる問題がすべて英語で、ちょっとキレぎみでした。伊藤さんの問題にキン肉マンの作者を答える問題だあり、彼は余裕の表情ですが、会場の人たちはまったくしらなかったようで、点数を稼げず、あちゃーとやっぱりキレてました。 

・いつどこで誰がなにをしたをジェスチャーで。 

メンバーがそれぞれの違うメンバーのまねをする際にばっしーが伊藤さんのまねをするが、時間内に収まりきらずに、黒田くんから指摘を受ける。

黒田「伊藤くんのまねをするところが長すぎ」 

・万歩計の数を競う。

伊藤さん、英樹さんから万歩計の振り方を教わったのに、結果をみてみたら1しか出ず、床にスライディングしてました。黒田くんは、会場から選ばれたメンバーを煽るようなにこにこさ加減でやるので、やりにくそうでしたよ。 

・お豆をテーブルから、箸で持ってくる。 

英樹さんと黒田くんはとにかく早かった。伊藤さんはわたしたちのテーブルでめちゃくちゃ時間かかってたよ。ちょー至近距離にいて、どきどきしました。いや、あの伊藤さんファンに譲りたかった。あの場所(笑)。

 

会場には、トランプが配られており、ハート、スペード、クローバー、ダイヤの4チームに分かれる。

次のゲームでメンバーがトランプを引いて誰のチームになるか決定する。 

現在のメンバー順位、

一位、英樹さん。

二位、黒田。

三位、ばっしー。

ビリ、伊藤さん。 

会場は、ハートが一番。 

さー、勝敗の行方は? 

初日、最後のイベント。

バッグステージにご招待。

今回は、しゃべったりすることもなく、流れ作業の5ショット。 

一回目は普通に、二回目は、すーさんの掛け声ぎりぎりにXやってきました!

左は伊藤さん、右に黒田くん、後ろ左に英樹さん、後ろ右にばっしー。

伊藤さんと黒田さんに挟まれるのでなんか気恥ずかしい。 

Xやったら、伊藤さんが思いの外反応して笑ってくれたので、元気よくありがとうございました!と言ってきたよ。よし、今回は、ちゃんとやりきった!!

 最終イベント。 

泣いても笑ってもこれが最後のイベント。 

触りだけ、WereWolfとSLYを流してくれました。 

WereWolfがどこだかでいってるかもしれないけどと、一番悩みに悩んだ曲である話をしてくれました。

英樹さんが一日の仕事終わりにメンバーを労おうという名の飲み会で、みんなが悶々としているのが面白かったといってました。

次の日に伊藤さんが全部やりなおしたらしいです。 

メンバーがトランプを引きます。

ハートが伊藤さん、ダイヤがばっしー、クローバーが黒田、スペードが英樹さん。

 トップのハートを引いた伊藤さん大喜び、ダイヤがビリだったので、ばっしーが崩れ落ちたまま起き上がれない。すんごい絶望してました。この辺、ホントに大丈夫かみんなが心配する感じ。 

対決は

・ポイントアップゲーム。

・ポイントダウンゲーム。

会場から、五人選んで、カードの数字を足し算してアップは持ち点に加算、ダウンは減算しました。

ポイントアップゲームで、ばっしーがまさかの大逆転。すごいよ、選んだ5人中、3人が13のカードを持っていました。ばっしー大喜び。

逆にポイントダウンゲームの結果が出ると…

 最後順位は、

一位、ばっしー

二位、英樹さん

三位、黒田

四位、伊藤さん 

てなことで、伊藤さんのビリが決定。

ここで、黒田くんがあまりにも愕然としてる伊藤さんに、「僕でできることがあったら、なんでもやりますよ」と発言。SPのごとく、守る仕草までした。あっ英樹さんも守ろうとしている。でも伊藤さんそれをはねのけた。 

伊藤「これから、罰ゲームの曲作ります」

全力で頑張るらしい。

英樹さんから、去年のかぼちゃの衣装を手渡される伊藤さん。体に合わせてみたりしてました。結構似合いそう。

いやだったのか、黒田くんに贈呈。渡された黒田くんがばっしーに贈呈。 

ばっしーノリでもらったはいいものの、いらないからみたいな素振りで伊藤さんに返す。

次の集合写真のために一旦メンバーが捌けるが、そこでも 

伊藤「あー」点々ついてそうな、残念さ加減の声。

集合写真の時、伊藤さん「ごめんね、俺のせいで負けちゃって」と申し訳なさそうに謝ってましたが、おいしかったよといってあげるべきだったかもね。 

はい、10/31、11/1のライブで罰ゲームです。

伊藤さんのかぼちゃ楽しみです。 

あっそだ、付けたし。

黒田くんとばっしーがさ。朝の起き抜けの状態で、深海魚二匹だなーって思ったの。

ばし「すいません、低血圧なんで」とげっそりした表情。大丈夫かい?

 黒田「昨日は、部屋は寝るだけでした」 

飲んだくれて、夜中に帰ってばたんきゅー。

黒田「ちゃんとお風呂は入りましたよ」

じゃあ、石鹸の香りするん?