【BLUE TEAR´S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書きのようなもの。

【SCARECROW LIVE DEVOUR TOUR Royal Straight Flush 大阪編(SC)のこと。】

Vo.黒田倫弘

Gt.伊藤賢一

B.石橋政徳

Dr.水江英樹 

セットリスト

Were Wolf

SLAY

Communicaition Break Down

Chapter ZERO

Smile

Maybe I don't cry

汚れた掌

Jump

fly

バニー

千夜一夜

NO NAME

SPEEDER

ダンテ

Surrender Like a Merrygouround

 

UN

ラズベリー(大阪)・HOT ROAD(名古屋)

ミザリー

PLAY A TRICK

 

MCはこんなことを話していたよーというニュアンスで読んでいただけると幸いです。

 さて、気を取り直しまして、ネタばれOK?

いってきました。大阪→名古屋の旅。最初は一人での旅路のはずでしたが、るかさんを気軽に誘ったら、二つ返事でいろよいお返事が返ってきて同行者ゲット!いえい。スケクロのことやその他いろいろお話出来て、充実した二日間でした。

大阪へは東京からぷらっとこだまを使い、のんびりゆっくり4時間の旅。

ついたら、ちょっぴり蒸してる感じでした。ホテルへチェックインしたら、会場へ向かう準備をして、出発。

今回の会場は、梅田AKASOというところでした。初めての場所です。元はバナナホールを改装して新しくしたんだとか。

外見がとてもきれいでした。

中も舞台が高めに設置してあるので、メンバーの顔から下までちゃんと見えました。

さー、ロイヤルストレイトフラッシュツアー初日はどうなることやら!

時間通りに開場が始まり、そんな遅れることもなく客電が落ちた模様。

いつものSEで、英樹さん、ばっしー、伊藤さん、黒田くんの順で登場。

黒田さんの首元のおリボンが可愛い♪

ばっしーはパープルのチェックだぁ。伊藤さんは後がスカートみたいにひらひらしてる。英樹さんは…どうだったかなぁ。記憶がないや。

一曲目は…? 

WereWolf

のっけから、伊藤さんのギターの音が出ないトラブルがありました。でも始まっちゃった。ギターの音のないまま曲は始まってしましました。わー、なんかすごい楽しそう(笑)。

伊藤さん、サングラス掛けてる! 

SLAY

黒田「大阪、元気でしたか?元気でしたか?俺らのみんなげんきだったかい?ツアー初日!飛ばしていくんでよろしく」

疾走感あふれるナンバー。めっちゃ早く感じる。リズム隊の刻む音が早いからかな。 

コミュブレ

黒田くん、伊藤さんの胸元を直す。だがしかし、黒田くんよ。自分のリボンのが曲がってるよ。伊藤さん、直してあげてください。

そういや、CDではこーみーにけーしょんってみに力が入った唄い方してたけど、ライブで聴くと普通だね。結構CDの唄い方も好きなんだけどな。 

チャプター

いつものチャプターのイントロと違ったので、最初なんの曲だかわからなかったです。出遅れた!

でもね、なんかね、このあたりですっごいここまでの曲が良くて、泣きそうになりました。

余裕こいてるばっしーのコーラスでさえ、感動の嵐に。 

そして、今回のメインイベント

Smile

ライブでどうやるのかと思えば・・・・・・・・

キターーーーーーーーーーー!

水兵さんが二人いました。

黒田くんと伊藤コンビが右手を高く斜め右方向にあげる。顔は至って真剣に!

黒田くんの手の伸びは、さすが元体操選手めっちゃ綺麗です。

そして二人でMonday trough Fridayとあの部分を唄いだす。

ワンフレーズ唄うと、今度は腕を左側へ。

この姿が可愛いわ、面白いわ、かっこいいわで会場内爆笑の嵐。

終始、演技派な彼らはまじめな顔でやり続けます。いや、黒田くんは途中笑いこらえてたな。(駄目だな、黒田くん)

伊藤さん、ギター弾いてないよね?ばっしーも敬礼のときにはちょっと参加。やりたかったんだね。敬礼、伊藤さんちょっと早くなかった?黒田くんとやってること違うとこあった。

っていうか、リズム隊がほとんど弾いたりたたいたりしてるから、参加がちょろっとだけなのかな。でも三人が揃ってて面白い。

これをさ、リハで打ち合わせしたのかと考えるとちょっと面白いよね。してやったりの表情されたけど、悔しくなんかないんだ。 

で、伊藤さん。ギターいつ弾いてたの?(ひどい) 

Maybe

Smileの衝撃から(笑うほうの衝撃かもしれない)、一転、エロスの世界へようこそ。

黒田さん、エロすぎます。パンツの中に手を入れてたよ。入ってなかったけど。

指なめたりする姿も腰の動きも、ちょっとぐるぐるとくるね。

どきーんって、させやがって!なにしやがりますか、ハレンチなやつめ!目の前でそんなに腰を振らないで(汗)。 

汚れた掌

ばっしーのベースを弾く手はいいなぁ。素敵だぁ。

黒田くんのバラードでの儀式(?)、口元に手を当てて、唄い始めるのをやってました。

唄い終わってシルエットだけになる黒田が好きだな。いいシルエットなんだよね。まさに黒田くんです、みたいなぺらさ。

アウトロのベースが好き過ぎて困ります。べけべけいう音が、たまらない。

黒田くん、お着替えタイムのため、一回捌けます。伊藤さんも一旦舞台ソデへ。

残る、英樹さんとばっしーのソロコーナー。英樹さんのカウントを合図に、ばっしーが拍手を強要して、会場を煽ります。ちょびっとだけ、二人が演奏して伊藤さんが帰ってきました。

始まるのはJump

伊藤さん、持ち曲で唄う姿はめっちゃ楽しそう。ばっしーにJump!と掛け声を掛けて二人で飛んだり跳ねたり。 

黒田さんが戻ってきました。てろんてろんなシャツにストール巻いてます。

りんごーんという鐘のSEの後、始まるのはfly。

爽やかです。

伊藤さんの「うぉー」(と聞こえるんだが)っていうコーラスの声がしぇくしーだとおもいます。黒田くんのぼそぼそポエトリーリーディングより、エロスを感じるのですが、いかがなものでしょう?必死な伊藤さんに見惚れちゃったぜ。(まじでか)

そうだ、黒田くんのこのセリフ部分はなにゆえ、メンバーで盛り上がったんだろうか?表情みると、なんとなくその意味もわかるけど、声だけじゃ、伝わらない。精進しますよ。 

バニー

黒田「まだまだ、飛ばしていくぜー!」

黒田の「ばっしー!」といって、ベースソロに入るとこと、伊藤さんに「賢ちゃん、いっちゃって!」と煽るとこは鉄板。いいっすよね。これがないと始まらない。 

千夜一夜

黒田くん、しっかり踊れよ!と思うくらいゆるゆる踊り。もっとしゃっきりやれい!イントロがCDでも思ったけど、生だとより一層カッコよくなってます。

終わりない未来を~のとこ腕伸ばしてなかったりしてますな。ゆるゆる。

NO NAME

黒田くん、指を口に入れて、見せつけるみたいな仕草をします。

あれ、NO NAMEってエロイ曲でありましたっけ? 

SPEEDER・ダンテ

SPEEDERで黒田くんの側に、ばっしーが近づいて、長いこと横にいたのが眼福でございました。ありがとうございます。

好きな二人が同じフレームにいるだけで、至福を感じる。

はい、ばっしーが伊藤さんのマイクスタンドでコーラスすると、背伸びして大変そうですねー。

これも楽しいなぁ。

 

ここで、ちょろっとMCが入る。

黒田「ツアー初日だとすごい緊張するんですけど。後ろの人は全然緊張しないんですけど、背中に触れて、緊張が伝わったらしいです」

伊藤「みんなに見せたいよね。ライブが始まる5分前になんでかみんな立ってんの?」

ぬぼーって、所在なさげに。面白い光景かも。

伊藤「じゃあ、電気消す?みたいな」

黒田「でも、始まったら初日でやってるわりに、今日すごい楽しいです」 

黒田「それでは、最後の曲です」 

メリーゴーランド

本編ラスト。

ばっしーが伊藤さんとアイコンタクトする場面がありました。

ばっしー、よっし!っていう表情してます。

ばっしーが作った曲だけあって、リズム隊が目立ってます。

この曲、今回のアルバムの中で一番好きです。

黒田くんの歌い方も切なくて、きゅんとくるんです。

ベースがいいんだよなー。石橋の見せ場が今ツアーでいっぱいあるね。

 

アンコール

メンバーが再びの登場、ばっしーがメガネーゼ。

黒田くんと英樹さんがツアーTの白のほうで、ばっしーと伊藤さんが黒を着てました。

四人ともいろいろアレンジして着てます。

黒田くんに、伊藤さんが近づいて肩を組む。

ツアーTのメンバーのシルエットを指差して、これは、あなた?をお互いにやりあう。黒田くん、英樹さんも指差してやってました。あれ?ばっしーは??

君らは、一体、なにをしたいのかね! 

黒田「ヴォーカル、黒田倫弘!」あらっ?いつもと違う。特になにも打ち合わせしてなかったのか、黒田くんが勝手に自分を紹介しはじめたみたい。すごく黒田さん、いい顔してました。

伊藤さん、めっちゃびっくりしてた様子。

黒田くんに続き、伊藤さん、英樹さん、ばっしーの順で自分自身を自己紹介してました。

黒田「ばっしー、なにか言うことあるだろ?」

なんだか、上から目線ですね。黒田さん。

ばし「皆さんには、心配と怒りと今日の喜びを感じられてると思います(もっと面白いこといってたんだけどな)。メンバーもちゃんと休んで治せばいいよっていってくれたので、こうやってまた戻ってくることができました。もう大丈夫なので、またこれからもがんがんいきます。…もうこんな感じでいいんじゃないっすかね?」

ばっしー、それ、謝ってるの?

眼鏡を掛けてるばっしーに、黒田「またそうやって、眼鏡好きにアピールしちゃって」それは、ジェラシー?可愛いーコールがいっぱいだから。

ばし「よくみえたよ」と外してしまったら、某さまの「外しちゃだめ!」が聞こえたようで「外しちゃダメなの?」ってばっしーが首を傾げてました。

黒田「ばっしーも大丈夫みたいなんで、これからは厳しくやりたいと思います」ばっしー、胸を拳で叩いてどんとこい男前で答える。

英樹「あれ、今日はこういう流れでやんの?」

黒田「初日どうでしたか?」

英樹「(伊藤さんのギターがトラブった件)すっごいね。緊張した。モニターはもう始まってて、でもいっか始めちゃおうと思って、賢ちゃんが、こうやって(手を前に出す仕草)やってるのが見えたんだけど、始めちゃえって」

伊藤「待ってって思って手を出したんだけど、やっちゃってって思ったんじゃないの?…セザール!」

英樹「今ね、事故にあっちゃった。巻き込まれちゃったの」

伊藤「え?右折。右折しちゃったの」

英樹「カマを掘られちゃったんです」

セザールをばっしーが気に入ったようで、真似してました。

 

黒田「その辺のことはね。本人から詳しく聞かせてもらいましょうよ」

伊藤「人生で初ですよ。のっけから音が出ないなんて。でもさ、三人いればどうにかなるかなって思っちゃった」

黒田「でも、俺焦ったよ。リズムはあったけどスチャスチャがないから」

伊藤「あーそうだよね。明日は最初の8小節をちゃんとやりますから、そこだけみにきてください。…でもさ、3対1で多数決だったら、明らかに負けじゃん。やっちゃって良かったんだよ」

えっと、それでいいんだろうか?

黒田「札幌かなんかで、歌い出したら(ぱくぱく)ってなったことはあるかも」

伊藤「それワタシの国のコトバで口パク言います」

カタコトの日本語です。

 

伊藤「ばっしーがホントは重症で、末期ガンでもう(好きなことして)いいから、退院してきたんじゃないかと思って、もしそうなら言ってね。俺がなんとかするから。そのベース(ごんりーちゃん)は俺がもらう」

途中までは非常にいいこと言ってたのに、台無しです。

黒田「伊藤くん、それずっと言ってるよね」

伊藤「だってさ、ばっしーが近づきんとき、具合悪そうで、元気なくて静かだったの。でもどうやら俺らに馴染めなかっただけみたいで、怒ってるって思ってたって。…元気になってよかったよ」

黒田「うん。ホントによかったよ」

伊藤さんのとこで、「今日やるとこ初めてやった」

黒田「ここで一回だけやったことあるんですけど。綺麗になって、でも床(足をどんどんする)は変わんないですね」

イメージは、体育館で。 

伊藤「紹介しなくていいの?」

伊藤さんのとこで、黒田くんは相槌打ってるので、もういいんじゃないかと思う。

黒田「ツアー初日。すごく楽しかったです。明日も名古屋でライブをやるんですけど、今日よりももっと良いライブにしたいと思っているので、時間とこれ(マネーのポーズ])に余裕があったら来てください」

伊藤「そうやって、やんない!」

伊藤さんに怒られた黒田くんおどけながら「ポケットにしまって!」とNO NAMEを歌いながら、マネーをしてた、手を捩じ込む。

伊藤さんに怒られる黒田くんというのも珍しい。

黒田=マネー。 

アンコール3曲は安心する。QUADからの選曲です。

トリックで、黒田くんとばっしーがなにか話して笑ってました。

だがしかし角度が悪い。表情がみえない。至福のときが!そうこうしてるうちに、目の前を伊藤さんが横切った。二人とも別方向にいっちゃった。あーあ終わっちゃった。 

曲が終わり、四人で集合。黒田くんとばっしーが固い握手を交わしてました。

捌けるとき、伊藤さんと黒田くんだけになり、なにを思ったのか、黒田くんに後ろから抱きついた。

なにをやってるんですか?あなたたちは! 

こちらからの角度では見えなかったんですが、聞くところによると、伊藤さんが、手を振ってる黒田くんの腕を退けて顔を出してたとか。

あっ、片腕だけ回されてたのに、両腕になった。あー、がっしりされちゃって!

黄色い声援だ。

なんやねん。おまえら、もっとやれ。 

というわけで、ライブ後ひゃっほうってなってたワタクシ、この日参加出来なかった友人に勢いで電話をかけ唆そうとする。

冷静になれば、なんてことを。

その節はすみませんでした。暴走もいいとこです。 

歯が痛かったのに、頑張った。 

食べ物買い込んで、ホテルで、その日あったことを話ながらメモしていきました。

 途中脱線しながらも楽しい話に花が咲きました。 

大阪では、セットリストが曖昧で、flyからSPEEDERのとこで行き詰まる。

最初と最後はいいのだけど、間は抜けるのですよ。

覚え方を伝授してもらったので、週末に実践してみたいと思います。