【BLUE TEAR´S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書きのようなもの。

【SCARECROW LIVE DEVOUR TOUR Royal Straight Flush福岡編(SC)のこと。】

Vo.黒田倫弘

Gt.伊藤賢一

B.石橋政徳

Dr.水江英樹

 

セットリスト

Were Wolf

SLAY

Communication Break Down

Chapter ZERO

Smile

Maybe I don't cry

汚れた掌

Jump

fly

バニー

千夜一夜

NO NAME

SPEEDER

ダンテ

Surrender Like a Merrygouround

 

UN

Crazy Star

ミザリー

PLAY A TRICK

 

MCはこんなことを話していたよーというニュアンスで読んでいただけると幸いです。

 

基本テンプレは大阪編を参考にしてくださいな。

 

今年二回目、人生二回目の飛行機です。

自分たちの乗った飛行機の目の前の座席に、明らかにビジュアル系のバンドですよねーなかたたちが座っていらして、ひっじょーにちらちら気になりした。

バンド名なんていうんだろ?

となんだかんだと二時間のフライト、話していたらあっという間でした。

意外にもう慣れたみたいです、飛行機(揺れるとびくびくするんだけどね)。

お昼前には福岡に到着。なんとなーく、見たことあるよなファンのかたたちがいたりして、だんだんどきどきしてきました。一時にチェックインできるホテルだったので、荷物だけ預けて一風堂へラーメン食べにいきました。

とんこつらーめんうまっ。

ホテルへチェックイン。あっ、どんなんか撮ってくればよかった。広くて快適でしたよ。西鉄ホテル、オススメです。 

ホテルでしばらく休憩、準備なんかも進めつつ、まったりしてました。 

本日の会場は、福岡Drum Son。開場が16:30、開演17:00。

ホテルから歩いて10分くらいで着きました。

普通に民家の中にあってちょっとわかりにくいですね。お隣りではCASCADEが、ご近所ではtheBirthdayがライブだったようですよ。わぁ、すごいねー。 

つつがなく、開場が始まる。地方公演の中で一番良い番号でしたので、いつものようにいつものばし側へ向かいます。

舞台が低い位置だったので、距離感すごく短くて、ちかっと思いましたよ。

黒田くんが前に足掛けると余計そう思う。 

わいわいしながら待っていると、ほぼ定刻通りに客電が落とされます。

WereWolf・SLAY

伊藤さんのギターになにか起こるんじゃないかとつい見守ってしまう。

なんのトラブルなく、決め決めの伊藤さんのかっこよいイントロが聴けました。

SLAYの黒田くんの『slaydown』の高い声が結構好き。

ちょっとつらそうな表情で歌われると、嬉しくなってしまう。

ばっしーのベースの手に見入ってしまうね。 

コミュブレ

名古屋ではやんなかったけど、黒田くんが伊藤さんの襟元を整えて上げます。

ばし側からなので、伊藤さんの表情しか見えませんが、めっちゃくちゃ眩しい笑顔全開でした。

わっ、伊藤さんがきらきらしてる。

黒田くんも笑顔なのでしょうな(妄想…いや想像)。 

チャプター

このあたりだったかな。

ばっしーが…ばっしーがっ!

ウィンクしやがりましてね。

ちょ…ちょっ、余りのアイドルっぷりに鼻血が出るかと…orz

 Smile

段々、水兵さんたちにも慣れてきました。

初見の方の反応が大変かわいらしゅうございます。

ばっしーは、ほんのちょっとだけ参加だと、やっとわかりましたよ。

黒田くんイントロで、後ろ向きで肩の上げ下げ。

WereWolfでもやってるじゃない?黒田くんのマイブームなんだろうか?可愛いからもっとやればいいのに。 

メイビー

やー、黒田さんエロすぎでしょ。

腰が半端なく、動いてます。

指舐めが、福岡が一番セクシーでした。やっべー、なんかくる! 

汚れた掌

あっ、気合い十分なんですね。黒田くんの歌う前に手を口に当てる儀式がありました。 

ベースとドラムソロ。

ばっしーが客席へ向けて、拍手を強要します。ドラムもベースもかっちょよいです。 

Jump

伊藤さん、ノリノリ。ばっしーもノリノリ。

ばっしー、あっちこっちへジャンプしながら動き回ります。

伊藤さんもばっしー側へよく来ますね。

最後に『ばっしーもジャンプ!』と掛け声をかけて、ばっしーにジャンプさせてました。二回も。黒田さんが帰ってきました。

りんごーん、の音から始まるfly

伊藤さんのコーラスは、やっぱり素敵。黒田くんのリーディングは、今までの中で一番良かったかも。

バニー

黒田さんの『福岡、まだまだ盛り上がって行くぞー!』という掛け声から、ボルテージはMAXへ。 

千夜一夜

ほら、ちゃんと踊るとカッコいいじゃないの!(なんたる上から目線) 

NO NAME・SPEEDER

スピーダーで、マイクシェアのとき、伊藤さん勢い余りすぎてよろけてなかったかしら?角度的にそうみえたのかもしれないけど、よろっとしたあとに黒田くんのマイクでコーラス。 

ダンテ

二回目の手繋ぎが目の前にいたお嬢さんで、スピーカーが近かったせいで、マイクがきーんとなった黒田くんマイク外してそのままで歌います。その表情が面白かった。おこぼれちょうだいしました。ありがとうございます。

MC

黒田「福岡楽しいです。なんだこれ」

このなんだこれが可愛かった。

黒田「それでは、最後の曲です」 

メリーゴーランド

いい曲だなぁ。黒田くんが最後の方でマイクスタンド外して歌ってました。(大阪と名古屋もそうだったかな?)気持ち良さそうに歌っているので、心地良いです。 

アンコール

結構早く出てきてくれました。アンコールコールいっすねぇ。

黒田くん・伊藤くんが黒T、ばし・英樹さんが白Tでした。

というわけで、メンバー紹介。

黒田「病み上がり、ベース、石橋政徳!」

ばし「ただいま!」

オ「おかえりー」

ばし「なんかいいよね。福岡のこと、好きになりました。好き、好き、好き好き好き…」

指さしながらの好きの連呼に、そんなお前が好きだ!と思った。会場も好き好きコールに湧いてました。

黒田「ドラムス、水江英樹!」

英樹「ただいま。って僕がいうセリフだよね。実家に今日、ライブあるけど来る?って聴いたら、孫の誕生日だからいかないって言われました」

伊藤「誕生日は一年に一回しかないからね」

英樹「可愛い子供がよ、ライブするってのに。孫に負けた。まぁ、しようがないか。電話したの昨日だし」

伊藤「そういえば英樹さん、家が改装してとかなんとか」

英樹「あっ、そう18で一度、裸一貫で出直したんだけど。家を改装するから、自分の荷物は自分で片付けなさいよって言われてたの。でもまさか、誰かが片付けるだろうと思って、学校行って帰ってきたら。更地になっていて、自分のラジカセが埋もれてたり、シャツとかがあって。そのあとばーちゃんの家にいって、俺の荷物は?って聴いたら、片付けてないよ」

シビアなお家柄ですな。余りの突飛な内容に会場がしーんとなる。

英樹「なんで、こんなになってんの?それは次の人の番でしょ!」

伊藤さんへ無茶ぶり。

黒田「ギター、伊藤賢一!」

伊藤「今ね、俺と英樹さんの間でブームになってるんだけど。鬼平犯科帳の漫画なんだけど」

イマイチな反応に伊藤さん不満そう。

伊藤「わっ、バカにしてんな?面白いんだよ」

英樹「さいとうたかお先生だよ」

伊藤「きっかけが英樹さんがコンビニで売ってる。どこにマージン入るんだっていうあの本で、それが文庫で売っててさ。一巻をあげたんだけど。ほら、飛行機乗るから。それを緩和させるためにね。飛行機の後ろの席で見てたら、ちらってみてぱたんって閉じて。またちらっとみて閉じて。あれ読んでたの?」

英樹「読んでみたんだけど、全然頭に入ってこないんだもん。生き残る為にはなにもしない」

伊藤「CAのお姉さんが飲み物いかがですか?ってのも断ってたよね」

英樹「生き残る為にはなにもしないんだって」

伊藤「途中、英樹さん、いなかったでしょ?人形みたいになってた」

英樹「その時には無心になろうと思ってた」

伊藤「最初はまだ動きがあったんだよ。でも途中とうとう動かなくなって。いつもは戦闘能力が500あるのに、戦闘能力0」

と伊藤さんと英樹さんが楽しそうに会話してる最中に、そんな二人の様子が面白かったのか、黒田がばっしーになにやら話かけてました。マイク通してないから会話が聞き取れなかった。なんか笑ってる。ばっしーも黒田くんになにごとか話かけてるみたい。近い距離が素敵です。 

黒田「伊藤さん、このあともあるのにそんなしゃべっていいんですか?」

伊藤「(しゃべりすぎたの気付いたらしい)ボーカル、黒田倫弘!」

黒田「福岡、よかったですよ。こんなこというとあれかもしれないけど。福岡が一番良かったです。東京もまだまだありますけど、今日もよかったけど。それ以上のものを見せますんでよかったら、来てください。中々、福岡にこれなくて申し訳ないですけど。また必ず来ます」

伊藤「福岡いいよね。めんたいロックってのがあるんでしょ?熱いよね。埼玉県出身の伊藤賢一くんだしさ。栃木県出身の石橋政徳くんでしょ?」

黒田「京都府出身の黒田倫弘くんだし」

よくわからんまま、MC終了。 

アンコール日替わりメニューはクレイジースター。

2009ヴァージョンじゃなかったのは残念ですが、嬉しかったよー。 

トリック前にちょっとMC。

トリックの石橋さんのエア黒田くんは健在。マイク握り締めて、構える姿がカッコいい。

曲終了後、英樹さんがばっしーのピックを配ってました。それも手渡しと握手つき。すごい! 

本公演はこんな感じでした。

会場が狭いおかげで、ばっしーが前に出ると黒田さんといい距離感で並ぶんで、至福でした。

普通に事件が起こることもなく終わったなぁ。

楽しかったですよ。

さー次は、パーティーの様子なんかをレポート。

一応、全部ネタばれで載っけてるけど。東京公演はまたちょっと違うセトリになるんじゃないか(曲が増えたりね)と思ってるので思いきって書いちゃいました。