【BLUE TEAR´S】

記憶の色褪せないうちに綴る覚書きのようなもの。

【Aco-Spe0714(黒田)のこと。】

セットリスト

夢で逢いましょう

ONE END

Yell

アイノトラベラー

心鏡乱歌(ばびちゃんのみ)

cell(せいちゃんのみ) 

憂いのR&Rスター

Suger Groove

ポエポエ

HABANERO 

water colors

他に何もいらない

CLOVER

麗しのR&Rスター

サマーパニックコネクション

Ready go 

UN

Bulldog66

オレンジ

 

CLOVERの位置がちょっと曖昧で申し訳ない。 

くろばびせいで行われたアコライブ。たっぷりボリュームの二時間ちょいのワンセット。やっぱフルライブはいいね。満足満足でございます。

一曲歌っては、MCの入るいつものゆるゆるスタイルでした。とはいえそこまでぐだぐだって感じでもなく、普通に楽しかったです。

黒田くんの衣装が、白シャツにベストオンベストと不思議な服でありました。下は白パンツ。普通だ。キロダからしたらまだ普通だ。(拘るよね)

お帽子はきらきらスパンコール入り。うーん、だがしかし、帽子はいらん。

思い出したことをつらつらと関係なく書いていきます。言葉はこんなふうにいっていたんだよという雰囲気で味わってくださいね。セットリストもちょっと曖昧、あしからず。 

夢で逢いましょう終わりのMCで、「誰が王子やねん」っていきなりの発言に、会場内が?になりざわつく。「すべってないですよ。これ独り言なんで。僕なりのツイートです」明らかに滑っていると思うんだけど。

「ぐだぐだしててごめんないさい。楽しくて。今日もこんな感じでいきます」

ONE ENDがばびちゃんのじゃーんって音を確認して、息を吸って歌いだすための”ため”が長かったです。このためがたまらんかった。しばしのご歓談で、インストアの話なぞ。

大阪のアップルストアでは、絨毯が引いてあって音を吸いこんでしまったらしく、声を張り上げていたら、喉を痛めてしまったらしい。福岡のキャナルシティでは歌っていて上の方をみたら、Ch@ppyがいてびっくりしたとか、説明しながらやらなきゃいけないことを失念して、言葉不足のインストアをやってしまって、ばびちゃんに後で怒られたりもしたらしい。その後、反省してちゃんとやったら、ばびちゃんが100点だよ。と褒めてくれたことが嬉しかったとか。大人になると褒められることがないから、褒められると嬉しいよね。といってました。やればできる子なんだって。あんまり良くない環境から、こういうとこ(morphみたいなライブハウス)にくると環境がいいからやりやすい。CD屋さんとかどんどん潰れて行っているから、歌う環境が整っているとこはほとんどない。そういうとこでやって帰ってくると、成長したなと気づくそうです。 

Yellは可愛かった。ギター持って歌うんですね。カポがついていたんだけど、そこからつけるの?というか曲の後半戦でつけていたので、つけ忘れてたのかなと邪推してみる。

「次はインストアでやると踊りが変だって言われる曲なんですけど、踊っちゃいますよ」

アイノトラベラーへ。

動きはやっぱりちょっとおかしい。実は言うと、音源のトラベラーってそこまで好きじゃなかったりするんだけど、ライブでみると良い曲だなぁと思うのです。生音かっこいいよな。

「思いっきり踊ろうと思ったのに踊れなかった。ブーツ買ったんですよ。でかくてさ。中に4枚中敷き入ってんの。それがずれちゃって…おかしいな。27なんだけどな。

中敷きって4枚も入るものなんだね。足をがしがししながら、首を傾げる黒田さん。 

せいちゃんが一回捌けます。 

黒田くんとばびちゃんが二人でMCタイム。

話題はtwitterのことに。ばびちゃんのTLで、シャワーハットのことが話題になっているのをみているだけな黒田さん。でも一応その話題に入りたいとは思っているらしいんだけど、呟くことには躊躇いを感じているらしい。「僕が呟くの期待してないんでしょ?」と自虐的な物言いをしてます。期待はしてないが、ちょっと書いてくれたら読むのにな。

心鏡乱歌がね。またまたいつものことなんだけど、出てこなかった。なので、聴こうと思ったのに、ちゃんと聴けてなかった。

今度はばびちゃんが捌けて、せいちゃんが入れ替わりで戻ってきます。せいちゃんともtwitterの話題に、せい「やんないの?」黒田「いいんですよ僕は」と吐き捨てるように話す。

せいちゃんがスキミングにあったことを告白してました。気をつけてね。黒田くんも負けじと、実家でオレオレ詐欺にあったらしく、本人が電話してるのに信じてもらえず、お母さんに「違います!そんな声してません」と電話を切られてしまったらしい。母上に信じてもらえず、悲しかった黒田さん。しょんぼり。 

cell良かったなぁ。鍵盤で聴くとより深い感じになるね。 

ばびちゃんが戻ってきて三人になりました。

「あっ今せいちゃん、携帯持とうとした!本番なうとかしちゃうの?」 

次は、いつもはアップルパイなんかするお遊びのコーナー。特に今はカバーしたい曲とかはないらしい。

「今きみーにーこいしてる♪」とビリーバンバン坂本冬美さんのCM曲を唐突に歌いだす。今のお気に入りなんだって。

「ちょっと自分の曲をアレンジしてみようかなんて」暗い曲を明るい曲に明るい曲を暗い曲にしてみるらしい。「こういうのあるんで、リクエストあるならなんでもいいいよ」と黒田歌本をいう冊子をぱらりーとみせてくれる。

で、憂い。

ばびちゃん「四畳半フォークバージョンで」

神田川なみのアレンジが最高におもしろかった。黒田くんが「ねえちゃん」のとこで叫ぶ。ワンコーラスずつ歌います。

次は、せいちゃんに「Suger Groove」をリクエスト。だがしかし、せいちゃん自分で作った曲なのに、最初弾けなくて、気を取り直して、自分のペースで勘を取り戻してました。普通にアレンジがかっこよかった。

せい「あれ、笑って欲しかったのに、普通だね」

ポエポエは黒田くんの歌い方がエロかった。黒田くんもそう思ったらしく、自分でつっこみ入れてました。

囁き系で「ポエポエ」やばい、耳に残る。ぞわぞわ。

ハバネロは、まだリハしてる途中だからサビしか聴かせられないけどと、やってくれましたハバネロダンス。

リハはいろいろと大変らしいです。ここで話題になるのがやっさん。こういうときいつもやっさんが話題にのぼるよね。ぶちぶち文句ばかりいうので、黒田くんが切れかけたらしい。

紫が難しいらしいのです。こんな状態で、初日はどうなることやら。 

びりびりコーナーの始まり。water colorsがかなりスローテンポアレンジになってました。夏に聴くといいっすね。 

麗しでは、はるかちゃんの話がでました。はるかちゃんも高校生になったらしく、バンドを組んだらしいのです。そこで黒田くんが叔父バカっぷりを発揮してました。

音楽なんかやらないほうがいいと一言。どうやら、バンド内に男の子がいるらしく、そこでやきもき。Vo(男)にはるかちゃんがアルバムを貸したらしく、その子が「黒田さん、幼い月最高ですね!」と褒めたところ「ふざけんじゃねー!!!」と素直に受け止められない様子。

ここで落ちたはずが、ブーイングでもうひとネタやるはめになる黒田さん。BOXXのときのカラオケネタでのおこちゃま再び。オレンジ歌ったんだけど、負けてしまったらしい。あーあ。

このときだったか、黒田くんが会場に掛け声を掛けさせる。

「ばびちゃん、最高。ばびちゃんロンゲ(長かった)、ばびちゃんテンパ」

「せいちゃん最高。グ●イより黒田」ああ、無理やり言わせてる。せいちゃん、苦笑してます。 

 

アンコール前のMCにて、リハスタにて、隣でやっていたのがアクセスだったらしいのです。大ちゃんたちとちょっとお話したらしい。自分のアルバムを大ちゃんに渡したらしいのです。

大「あ、珍くん。おひげ」

黒田「汚れちゃいました!」

なんていう会話をしたらしいのだ!!!うわーうわー。ちょーすげー会話♪

黒田「大ちゃんは僕にとっての先生だから、今の自分を見てもらえるってすごい嬉しいことなんだよね」

ばび「聴いてもらえるかな?」

黒田「どうかな。わかんない。あ、これtwitterとかに書いちゃだめだよ。いろいろ面倒だから」

この時の黒田くんの顔がね。良い顔しててなんかこっちまで嬉しくなっちゃったの。 

オレンジで、ばびちゃんが「テンパじゃないよ。くせ毛だよ」と麗しのときの否定してました。 

こんな感じで、簡単にレポは終了です。大したことも書けずに申し訳ない。でも、すごく楽しいライブだったので、少しでも伝わってると嬉しいです。